産み分けゼリーは本当は効果ないって本当?

産み分けするためには、何が一番効果的なのでしょうか?
よくお勧めされる産み分けゼリーは、本当は効果がないって本当?
産み分けへの産み分けゼリーの効果についてまとめてみました。

産み分けゼリーは、PH値をコントロールすることで膣内の状態を整える役割があります。
膣内の状態を整えることが、なぜ産み分け効果的なのでしょうか?

赤ちゃんの性別には、染色体が関係しています。
「Y染色体」を持つ「Y精子」は、成長すると男の子になります。
「X染色体」を持つ「X精子」は、成長すると女の子になります。
染色体はいつ決まるのでしょうか?それは受精の瞬間です。
精子が膣内に入り込み、卵子のもとまで泳いでいきます。
卵子のもとにたどり着き、中に入り込むことができた精子だけが受精卵となり成長することができるのです。
つまり、産み分けをするためには卵子にたどり着く精子に影響を与える必要があります。

精子の活動に影響を与えることなんてできるんでしょうか?
実は精子にはそれぞれ特徴があります。
「Y精子」はアルカリ性に強く、酸性に弱いという特徴があります。
さらには動きが活発で、「X精子」の倍の量があります。
ですが寿命は短く、1日程度で死んでしまいます。

一方「X精子」は、酸性に強く、アルカリ性に弱いです。
動きはゆっくりで数も少ないですが、その分寿命は長いです。
「Y精子」が寿命1日であるのに対し、「X精子」は2,3日生き続けることができます。

産み分けゼリーは、この特徴を利用して産み分けを行います。
男の子が欲しいならアルカリ性成分のゼリーを、女の子が欲しいなら酸性成分のゼリーを注入するのです。

これはとても論理的な方法と言えます。
さらに性交の前に注入することで、確実性も増します。
最近の産み分けゼリーは粘度も調節されているため、確実に膣内に留まって膣内のPHを整える機能が向上しているのです。

産婦人科で提案される排卵日の計算法も、実はこの膣内のPH値を計算して行うものです。
さらに、産み分けを行う産婦人科では治療の一環として産み分けゼリーが勧められることも多いようです。
これらの点を考えると、産み分けゼリーが非常に信頼できるものであると言えるのではないでしょうか?

産み分け方法に迷っている方は、ぜh一度産み分けゼリーの公式ホームページを覗いてみてください。
製品の安全性へのこだわり、効果などなどをより詳しく知ることができるでしょう。

ベイビーサポート公式ホームページはこちらから⇒