病院で産み分けをするならどんな方法があるの?

産み分けをするなら、産婦人科に行かなきゃ不可能!と思っている方も多いでしょう。
ですが今はご自宅でも産み分けが可能なのです。
自宅で産み分けする場合、病院での産み分けとどんな違いがあるのでしょうか?
病院での産み分け、そしてそのメリット・デメリットについてまとめてみました。

産婦人科に行き、産み分けを希望する場合どんな方法を提示されるでしょうか?
まずは排卵日の計算を勧められるでしょう。
なぜかといと、産み分けには排卵日が深く関係しているからです。

産婦人科では最初に基礎体温表が渡されるでしょう。
毎朝ベッドから出る前に体温を測ることで、自分の基礎体温の推移を知ることができます。
排卵日には基本的に体温がガクンと下がります。
毎日体温を測ることで、排卵日のタイミングをつかむことができるのです。

排卵日近くには膣内の状態はアルカリ性に傾きます。
この時期に受精すると、男の子を妊娠する可能性が高いと言われています。

反対に排卵日を過ぎると、膣内は徐々に酸性に戻っていきます。
この時期に受精すると、女の子を受精する可能性が高いようです。

このように、体温を測ることで産み分けに最適なタイミングを知ることができます。
それに加え、「リンカル」や「産み分けゼリー」が処方されることもあります。
「リンカル」とは、男の子を妊娠するために効果的と言われているサプリメントです。
カルシウム製剤なので体には影響がないようです。

「産み分けゼリー」とは、人工的に膣内の状態を整えるものです。
専用のピストンを使用して、膣内に専用のゼリーを注入します。
PHを利用し、妊娠のために最適な状態を整えることができます。

これらの方法を利用し、それでも効果が得られない場合には他の方法に移ります。
「パーコール法」「体外受精」などより高度な方法です。

しかしこの「産み分けゼリー」は自分でも購入可能だってご存知でしたか?
いまはインターネット上で、産婦人科でも処方されている産み分けゼリーを購入することができるのです。

排卵日の特定も、ある程度は自分でできると言えます。
表を見て体温の推移を見ることで、自分の周期を知ることができるのです。
ですが排卵日の特定は人によって異なり、体温の下がった日が排卵日の人もいれば、そこから2,3日後が排卵日の人もいます。
排卵日の特定が難しい場合には、産婦人科に相談することをお勧めします。

排卵日が特定できている方、そして産み分けゼリーの購入を考えている方には「ベイビーサポート」がお勧めです。
初めての方でも使いやすい形状、効果の高い粘度のゼリーで高評価を得ているからです。
病院に行く前に、一度チェックしてみて下さいね。

ベイビーサポートの効果はこちらから→