産み分けは失敗が多いって本当?

産み分けについて調べていると、失敗してしまったという声が多いのに気づくでしょう。
なぜ産み分けに失敗してしまう可能性があるのでしょうか?
どの産み分け方法も成功確率は同じ位なのでしょうか?
産み分けを失敗してしまった際の原因について探ってみました。

まず、産み分けに100パーセントは期待できないという事を覚えておきましょう。
どんなに確立が高いと言われる産み分け方法であっても、胎内の状態を100パーセントコントロールすることは不可能です。

100パーセント確実、と言われているのは「着床前診断」と呼ばれる方法です。
一見体外受精と同じように思われますが、着床させる前に受精卵を検査し、性別を判断してから着床させるという点で違いがあります。
この性別を判断してから着床させる、という行為は「命の選別」にあたる、として日本では禁止されています。
そのため日本国内で100パーセントの産み分けをするのは不可能と言えます。

そのため、「失敗」を100パーセント回避するのは不可能です。
産み分けに挑戦するならば、夫婦で話し合い、どちらの性別の子が生まれてきても変わらず愛せるか確認しましょう。

これらを踏まえた上でお話したいのは、排卵日の特定です。
産み分けに失敗した、という場合は排卵日の特定がうまくできていない可能性があります。
基礎体温表をつけていたとしても、排卵日の特定は難しい場合があります。
基礎体温表上では排卵日が特定できても、実際にはその2,3日後に排卵が行われている、なんて場合もあります。
排卵日を正確に特定するためには、産婦人科にて相談すると良いでしょう。

産婦人科にて相談し、必要であれば「排卵チェッカー」を使用することもできます。
排卵チェッカーを使用することで、より正確に排卵日を知ることができるでしょう。

これらに加えて、より成功率を高めるために産み分けゼリーの使用もお勧めします。
産み分けゼリーはご家庭で簡単に利用できるため、需要が高まっているアイテムです。
以前は外国産で信用できない商品もありましたが、いまは国産で安心して使用できるものが増えています。
原材料も公開されており、自然由来の成分を使用しているので母体への影響もないと言えます。
人気の高い「ベイビーサポート」や「ハローベイビー」などがお勧めです。

産婦人科+基礎体温表+産み分けゼリー、など組み合わせて利用することで、成功率も上がることでしょう。

排卵日と男女産み分けの関係について詳しくはこちらから→