産み分けゼリーのリスクは?安全性を検証!

産み分けゼリーは安全、安心!
そんな広告を見ますが、果たして本当なのでしょうか?
産み分けゼリーの安全性、そのリスクについて調べてみました。

産み分けゼリーとは、女性の膣内に注入する潤滑ゼリーのことです。
性行為の前に膣内に注入し、膣内のPHをコントロールします。

まず使用の際の危険についてですが、多くの製品がデリケートゾーンにも安心して使える形状のピストンを採用しています。
そのため初めての使用でも、安全に注入ができるでしょう。
中には医療用シリンジを使用するタイプのものもあり、その場合少し難易度が上がります。
初めての場合は、日本製の安全な形状のシリンジを使用しましょう。

使用するタイミングは、性行為の前です。
ゼリーを注入した後には少し待ち、ゼリーが膣内に停滞するようにしましょう。
粘度の低いゼリーを使うと、ゼリーが逆流してしまう恐れがあります。
「ベイビーサポート」は粘度が高く逆流が少ないとの評価を得ています。

産み分けゼリーには、PHをコントロールする成分のみが使用されています。
「ベイビーサポート」「ハローベイビー」などは国産にこだわっており、成分も自然由来のものを使用しています。
インターネット上で成分全公表しており、危険度テストの結果についても公表しています。

具体的にはどのような成分でPHコントロールが行われているのでしょうか?
ベイビーサポートの主成分は水、PH調整のためには「アルギニン」「クエン酸Na」「クエン酸」が使用されています。
どれも人体に影響なく、使い続けることのできるものと証明されています。
保湿のためには「乳酸」や「ヒアルロン酸」などが、そして抗炎症のためには「チャ葉エキス」が使用されています。

また現在まで赤ちゃんへの悪影響の報告がないことからも、信頼が置けると言えます。
ただし海外製品の中には、成分が公表されていないものもあります。
産み分けゼリーは基本的には安全ですが、さらなる安全を求めるのであれば国産を使用しましょう。

さらに製造過程もチェックするべきポイントです。
「ベイビーサポート」「ハローベイビー」ともに、国内の高い衛生基準値をクリアした工場にて製造されています。
特に「ベイビーサポート」は医療機器を製造する衛生環境下で製造されており、高度の安全性が確証されています。
製造室、製造機器の紹介もホームページにて見ることができますので、ぜひチェックしてみて下さいね。