ベイビーサポートでも失敗?産み分けに失敗してしまう理由と対策とは?

産み分けは失敗する可能性もある

ベイビーサポートは妊活、さらには
産み分けに挑戦しているカップルのための潤滑ゼリーです。

でもベイビーサポートを使っても産み分けに失敗してしまった、
なんてクチコミも聞くことがありますよね。

ベイビーサポートを使って産み分けに失敗してしまった場合の理由、
その対策についてまとめてみました。

ベイビーサポートは膣内の酸性度をコントロールすることで、
男女の産み分けを可能にする潤滑ゼリーです。

以前から妊活中で濡れづらいことで悩んでいる女性に
潤滑ゼリーが勧められていました。

最近ではその潤滑ゼリーを用いて産み分けも可能にする、
という一石二鳥な潤滑ゼリーが人気なのです。

ではベイビーサポートはどれくらいの確率で
産み分けに成功することができるのでしょうか?

一般的に、潤滑ゼリーを使用した場合の
産み分け成功率は7割程度と言われています。

それでも使い方によって、成功率は
最大8割にまで上がると言われています。

使い方によって成功率が変わるということは、
正しい使い方をしていないと失敗してしまうという事ですね。

ここでベイビーサポートを使った産み分けに
失敗しないためにも、正しく効果的な
使い方について調べてみました。

ベイビーサポートは性交の直前に女性の膣内に注入します。

一本ずつ個包装になっており、取り出してすぐに使うことができます。

他の潤滑ゼリーと異なり湯せんやシリンジへの注入の
必要がないので便利です。

性交の前に膣内に注入したら横になったまま数分待ちましょう。
ゼリーの逆流を防ぎ、膣内をゼリーで満たすことができます。
面倒な手間が無い分、雰囲気も壊れずに使用できます。

正しい使い方をするのに加えて、排卵日に性交を行うことで
成功率も上がります。

排卵日を計算することと正しく潤滑ゼリーを使用することが、
産み分けに失敗しないためのコツです。

ベイビーサポートを使って産み分けに失敗してしまった
という方は、排卵日がうまく計算できていなかった可能性があります。

さらには生活習慣や骨盤のゆがみなど、
妊娠を難しくしてしまう様々な原因が関係している場合もあります。

産み分けゼリーはあくまでも産み分けを応援するグッズです。

そのため100パーセントの成功率を得るのは不可能です。
産み分けに失敗してしまう可能性があることを考慮して、
生まれてくる赤ちゃんの性別に関わらず愛せると
確信できた時にのみ潤滑ゼリーを使用するようにしましょう。

性別に関わらず、生まれてくる赤ちゃんは宝物なのです。

女の子を産み分ける排卵日の計算とは?→