ベイビーサポートの成功確率は?成功するために知っておきたいPH値コントロールとは?

妊活をしている方は、任活と同時に男女の産み分けにも挑戦したいと考えておられるかもしれません。
男女の産み分け方法については色々な説がありますが、いま勧められているのは潤滑ゼリーを使った男女産み分け方法です。
特に潤滑ゼリーの使用をして膣内の酸度をコントロールすると、成功確率の高い産み分けを行うことができると言われています。
潤滑ゼリーの中でも評判の高いベイビーサポートについて、さらに産み分けと膣内の酸度の関係について調べてみました。

ベイビーサポートは性交の前に膣内に注入する潤滑ゼリーです。
潤滑ゼリーを最も効果的に使用した場合の産み分けの成功確率は80パーセントにも上ると言われています。
本来潤滑ゼリーは濡れづらい女性のためのものですが、この潤滑ゼリーは膣内のPH値を整えることを目的としています。
なぜ膣内のPH値が産み分けに関係するのでしょうか?

女性の膣内は本来は酸性に傾いています。
膣内をばい菌から守るためです。

男性が持つ精子にはX染色体の精子とY染色体の精子とがあります。
X染色体の精子が卵子と結合すると、XX染色体となり女の子が誕生します。
Y染色体の精子が卵子と結合すると、XY染色体となり男の子が誕生します。
つまり、赤ちゃんの性別は精子の染色体により決まるのです。

妊娠のためには精子が卵子のもとまで泳いでいく必要がありますが、その道のりは厳しいものです。
エネルギーと運を持つ精子のみが卵子のもとまでたどり着くことができます。
精子は染色体ごとに異なる特徴を持ちます。

X染色体を持つ精子は酸性に強く、アルカリ性に弱い傾向があります。
Y染色体を持つ精子はアルカリ性に強く、酸性に弱い傾向があります。

そのため膣内が酸性に傾いているときには、Y染色体精子よりもX染色体精子が活発になり早く卵子のもとへたどり着くことができると言えます。
反対に膣内がアルカリ性に傾いているならば、Y染色体精子が活発になり卵子のもとへたどり着き受精するでしょう。
男女の産み分けには膣内のPH度がとても重要なのです。

そこで利用したいのが、産み分けゼリーです。
産み分けゼリーを膣内に直接注入することで、人工的にアルカリ性か酸性かに傾けることができます。
X染色体かY染色体どちらが有利な状況になるか、自分で選ぶことができるのです。

膣内のPH値と産み分けとの関係を知ることで、より効果の高い産み分けを行うことができます。
さらに排卵日を計算することでより成功確率を上げることができるので、排卵日についても知っておきましょう。

排卵日と産み分けの関係は?→