ベイビーサポートフォーガールの使い方は?女の子を妊娠するために知っておきたいこと

女の子の産み分けに挑戦したいなら、ベイビーサポートの使用をおすすめします。
ベイビーサポートは成功率の高い産み分けゼリーですが、それに加えてさらに産み分けの成功率を上げるために覚えておきたいポイントがあります。
今回はベイビーサポートの使い方と、ベイビーサポートフォーガールの使用に加えて覚えておきたい産み分けのコツをまとめました。

ベイビーサポートフォーガールの使い方は超簡単です。
個包装になっているピストンを取り出し、中に入っているゼリーを膣内に注入するだけです。
性交のすぐ前に使っても効果があるので、使いやすさ・便利さの点でおすすめです。

ベイビーサポートフォーガールの使用に加えて、挑戦するべき産み分け方法をお伝えしましょう。
女の子が欲しい場合には、排卵日よりも2,3日前に性交しましょう。
その理由は、女の子になるX染色体を持つ精子はアルカリ性に弱く酸性に強い傾向があるからです。

女性の膣内は通常は酸性に傾いています。
ですが排卵日には膣内がアルカリ性に傾くのです。
そして排卵日を過ぎた日から徐々に酸性へと戻っていきます。

妊娠するためには排卵日を狙って性交する必要があるのですが、排卵日当日の性交は男の子の出産につながる可能性が高いです。
排卵日よりも2,3日前に性交した場合、精子は酸性の膣内を生き抜く必要があります。
そのため、酸性に強いX染色体を持つ精子が生き残る可能性が高いのです。

妊娠したいから排卵日を正確にチェックしてる、というあなた。
その排卵日のちょっと前に性交を行うだけで、女の子の妊娠の確立が高くなるので覚えておきましょう。

さらに、精液の中には女の子になる染色体を持つ精子よりも男の子になる染色体を持つ精子の方が量が多いってご存知でしたか?
そのため精子の量が多ければ多いほど、女の子の妊娠は難しくなると言われています。
精子の量を少なくするために、2,3日に一回は射精して精子の量を少なくしましょう。
射精は膣内の浅い部分で行うようにしましょう。
加えて女性がオーガズムを感じない、あっさりした性行為だと膣内が酸性のまま保たれると言います。
あっさり短時間で終わらせるのが女の子妊娠のためのコツです。

ベイビーサポートフォーガールを使うだけでなく、上記のコツを守って産み分けに成功しましょう!

ベイビーサポートを使用するタイミングは?→