ピンクゼリーは面倒って本当?

産み分けに挑戦したい!という時に、「ピンクゼリー」という潤滑ゼリーにたどり着く方も多いでしょう。
ピンクゼリーって何?使うのが面倒って噂は本当?
ピンクゼリーについての情報をまとめてみました。

ピンクゼリーとは、日本で比較的初期に使われ始めた潤滑ゼリーです。
原産国は中国で、現在は主にインターネットや産婦人科などで販売されています。

そもそも産み分けゼリーとは、女性の膣内の状態を人工的に整える潤滑ゼリーのことです。
性交の前に膣内にゼリーを注入します。
女の子が欲しい場合には、膣内を酸性に整える「ピンクゼリー」を、
男の子が欲しい場合には、膣内をアルカリ性に整える「グリーンゼリー」を用いるとされています。

インターネット上では「ピンクゼリーは面倒!」との口コミを目にします。
ではここで、ピンクゼリーの使い方を見てみましょう。

①お湯を用意する。
容器ごと45度~50度程度まで湯せんして温める。

②温めたゼリーをシリンジに移す。

③膣内に注入する。

④余ったゼリーは、密閉して冷蔵庫にて保存する。

このように、ピンクゼリーは使用前の下準備が面倒であることがわかります。
さらに、シリンジに移す作業が面倒との声も聞きます。
シリンジは同じものを洗って使うか、それが嫌なら自分でシリンジを購入する必要があります。
そのため衛生面に疑問を抱く方も多いようです。

ではすべての産み分けゼリーがこんなに面倒な作業が伴うのでしょうか?
いま人気の「ベイビーサポートフォーガール」は、ピンクゼリーよりもはるかに使いやすい製品です。

ひとつずつ個包装になっているゆえに面倒な下準備が必要ありません。
個包装になったピストンの中にはすでにゼリーが注入されており、袋から出してすぐに使用できます。
さらにピストンは、女性のデリケートゾーンをいたわる丸みを帯びた作りになっています。
シリンジで注入する際には不安が伴い、なおかつ衛生面も疑問を感じる場合が多いでしょう。
ベイビーサポートの個包装ピストンならば、衛生的かつ安全に膣内にゼリーを注入することができます。

さらにピンクゼリーは10,800円で5回分程度の量が入っていますが、
ベイビーサポートならば1箱に7本のピストンが入っており、単品で購入しても13,824円です。
定期便で購入するならさらにお得に購入することができます。

使いやすさ、コスパともにおすすめなのは、ベイビーサポートであると言えます。
これから試す方であれば、まずベイビーサポートをお試しすることをお勧めします。

ベイビーサポートの定期便情報はこちら⇒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする