産み分けゼリーに副作用ってあるの?

効果あり!とされる産み分けゼリー。
ちょっと気になるけど、副作用はないの?赤ちゃんへの影響は?
産み分けゼリーの、気になる副作用について調べてみました。

産み分けゼリーに含まれる成分は、PH値を整えるための成分です。
なぜPH値を整える必要があるのでしょうか?
膣内のPH値を整えることで、産み分けが可能になると言われているからです。

膣内のPH値を整えると、精子の活動をコントロールすることができます。
例えば、男の子が欲しい場合にはY染色体を持つ精子が活発である必要があります。
もともとこのY染色体精子は、活動量が多く活発です。
ですが酸性の環境に弱いという弱点があります。
そのため、膣内の環境を酸性からアルカリ性に傾けてあげる必要があります。
そうすることで、Y染色体精子がより活発になり、男の子を妊娠する可能性が高まるのです。

このPH値を整えるための成分としてはどのようなものが用いられるのでしょうか?
一例として、いま人気の高い「ベイビーサポート」の成分を見てみましょう。
・アルギニン
・クエン酸Na
・クエン酸
これらが、PH値を整えるために配合されている製剤です。
どれも体に無害なものです。
産み分けゼリーの目的はPH値を整えることであり、そのためには科学的で有害な成分は必要ないことがわかります。

主成分は水で、
・乳酸
・ヒアルロン酸Na
などの保湿剤も含まれているため、デリケートゾーンにも優しい作りになっています。
さらに膣内に正常に留まり、効果を発揮するために
・カルボマー
・ポリアクリル酸Na
・塩化Na
などの増粘剤も含まれています。
いずれも実験により無害であることが証明された成分です。
炎症を抑えるためにチャ葉エキスも含まれ、トラブルを防いでいます。

このように、産み分けゼリーの成分はどれも無害であることがわかります。
ですが産み分けゼリーの中にも、海外製のものや主成分を公表していないものがあります。
産み分けゼリーを選ぶ際には、主成分を公表している信頼性の高いものを選びましょう。

さらに、製造場所がどこであるかにも注目する必要があります。
日本製で、なおかつ清潔な工場で作られていることがわかる製品ならば安心度も上がります。
この点でも、ベイビーサポートは日本国内の厳しい安全管理のもとで作られているので、信頼できる製品と言えます。
そうすることで、お母さんと赤ちゃんの健康を守ることができるでしょう。

ベイビーサポートの詳しい情報はこちらから⇒