女の子の産み分けなら産み分けゼリー!その成功率は?

女の子 産み分け成功率

やっぱり女の子が欲しい!と思うお母さんは多いですね。

女の子のお洋服やアクセサリーはとても可愛いですし、女の子の赤ちゃんは特有の柔らかな可愛らしさがあります。

女の子が欲しいなら産み分けに挑戦してみては?

二人目、三人目の妊娠を考える際に女の子の産み分けに挑戦するカップルは多いです。

そんな時お勧めなのは、産み分けゼリーです。

なぜ女の子の産み分けに産み分けゼリーがお勧めなのか?

調べてみました。

女の子を妊娠するためには、X染色体を持つ精子が受精する必要があります。

X染色体精子は、酸性の環境で活発に働きます。

女性の膣内は、雑菌などから守るために基本的に酸性です。

そのため、基本的にはX染色体に有利な状況であると言えます。

ですが女性の胎内は排卵に合わせて常に変化しています。

排卵日が近づくと膣内もアルカリ性に傾くのです。

その場合、産み分けゼリーにて膣内を人工的に酸性に傾ける必要があります。

X染色体は活動がゆっくりです。

そのため、活動が早く泳ぐのも速いY染色体の精子に負けてしまう可能性が高いです。

産み分けゼリーを使うことで、X染色体を応援することができます。

X染色体精子は活動は遅いですが、寿命は長いものです。

Y染色体精子が1日程度で死んでしまうのに対し、X染色体精子は2,3日生きることができます。

そのため排卵日の計算とともに精子の寿命を計算すること、そして産み分けゼリーの使用で、産み分けの確立はかなり高くなることでしょう。

これらを踏まえると、排卵日の2日前に性交するのが一番良いタイミングと言えます。

そして性行為の5分前に産み分けゼリーを使用するのが一番成功率が高いと言われています。

排卵日の2日前には膣内は酸性でX染色体に有利な状況であり、さらに産み分けゼリーがそれを助けてくれるからです。

排卵日の特定が難しい場合は、排卵チェッカーを使用しましょう。

尿検査を行うことで、正しい排卵日を知ることができます。

排卵チェッカーで薄く陽性になった時から16時間後に排卵が起きると言われています。

そのため、陽性になった日に性交することで排卵前に受精できるでしょう。

生理不順など、排卵日の特定が難しい場合には産婦人科に行くことをお勧めします。

成功率の高い女の子の産み分けを行うためには、排卵日の特定、タイミングの確定、産み分けゼリーの使用がお勧めです。

そして産み分けゼリーを使うなら、「ベイビーサポート」がお勧めです。

粘度が高いため効果が高いと言われており、逆流も少なく満足度が高いのです。

ぜひ成功率の高い産み分けに挑戦してくださいね。

産み分けゼリー ベイビーサポートで成功率を高めては