食事で産み分けって可能なの?

産み分けに興味があるけど、産婦人科に行くのはちょっと抵抗がある…。
健康的で母体にも胎児にも影響のない産み分け方法がしたい!
そんな方のために、食事と産み分けの関係について調べてみました。
自宅でストレスフリーに挑戦できる産み分け方法について知りましょう!

まず、男女の産み分けには母体の体の状態が深く関わっています。
私達の体は酸性かアルカリ性かに常に傾いています。
特に女性は排卵があり、排卵は体の状態に大いに関わっています。

排卵日が近くなると女性の膣内はアルカリ性に傾きます。
そして排卵日が過ぎると、外敵から守るために酸性に傾くのです。

産み分けをするためには、卵子に入り込む前の精子に働きかける必要があります。
X染色体を持つ精子が受精すると、女の子が誕生します。
反対にY染色体を持つ精子が受精すると、男の子が誕生します。
そのため、希望の性別の精子がより活発になる状況を作り出す必要があるのです。

Y染色体を持つ精子は、アルカリ性の状況下で活発に働きます。
そのため女性は野菜中心の食生活をし、体をアルカリ性に傾ける必要があります。
さらに男性が肉中心の食生活をすることで、Y染色体精子がより活発に働くことができます。

反対に女の子が欲しい場合、X染色体を持つ精子が有利になるような食生活をします。
女性は肉中心の食生活をし、男性は野菜中心の食生活をします。

このように、食事から精子の活動や膣内の状況を作り出すことは可能なようです。
ですが、おわかりのように食事が精子や膣内に影響を与えるまでは一定の期間が必要です。
食べたものが体内で分解され、体全体のPHに影響を与えるには数週間かかるでしょう。
そのため、食事のみでは産み分けに成功するのは難しいでしょう。
さらにずっと野菜のみ、肉のみでは栄養も偏ってしまいます。

平衡のとれた食事療法に加えて、産み分けゼリーの使用をお勧めします。
産み分けゼリーは直接膣内に注入でき、すぐに膣内のPHを整えることができます。
そのため成功率も高く、満足度も高いものとなっています。
さらに最近ではインターネットで購入できるため、自宅でできる便利さも話題となっています。

自然由来の成分で優しくPHを整えるので、母体や胎児への影響も心配ありません。
国内で製造されているものであれば、インターネット上で危険度テストの結果も公表されているのでぜひチェックしてみて下さいね。

産み分けゼリーの安全性はこちらから→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする